人間教育の理念Human Education

人間教育の理念

子どもたちの心は“人間性豊かなより多くの人たち”との毎日の生活の中で「ふれあいと見守り、抱きしめ言葉」を通して「思いやりと生きる力」が育てられるものだと思っています。改めて私たちは、子どもたちが現在(いま)を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を培うために、時代の変化に対応した保育を創造し、実践していかなければなりません。
そして子どもたち一人ひとりが、人格を持った人間としてお互いが認められ“生まれてから死を迎えられるまでの一生”を人間教育の場として捉え「人間として如何に生きるべきか」を学ぶための原体験を創ることが、人間教育(保育)の理念であります。

~利用者の最善の利益の実現~

  • 子どもの愛された育ちの保障
    (保育ケア・ワーク)
  • 保護者や地域の子ども家庭支援
    (ファミリーケア・ワーク)
  • 保健・福祉・医療・教育との協働
    (保育ソーシャル・ワーク)
  • 保育所から始める 地域コミュニティ創り
    (コミュニティケア・ワーク)
  • 新しい子育て文化の創造
    (未来の親づくり)