理事長の部屋Message

理事長の部屋


童心会だより「思いやりと生きる力」 ※クリックするとリンク先へ移動します

<理事長からのコメント>

「今から始めよう!未来への人間教育」

「子どもたちの65%は、大学卒業後、今は存在しない職業に就く」と有名なアメリカの大学院教授が

明言しています。今まで以上に未来が予測不能で変化のスピードが速い時代になるというのです。

だから文部科学省は2020年度から全面実施される新学習指導要領に対応する

アクティブラーニング(自ら課題を見つけ・自ら学び・自ら考える力)

を討論や課題探求を重視する「主体的で対話的で深い学び」と書き直しました。

私たちはアクティブラーニングの前に必要な

スマートラーニング(人間としての生きる姿勢)

を次のように考えました。

 

五感を刺激する 0歳からの人間教育

 興味 =   見て 倣い (模倣) 観せて 学び
 関心 =   聞いて 考え (思考) 聴かせて 習う
 好奇心=   触れて 知って(知覚) 触って 記憶する
                 風に 薫りを 嗅ぎ
                 五味・五色・五感に 四季を味わう

Smart Learning (人間としての 生きる態度)
~非認知能力を高める~

 

やればできる    やり抜く力
(mind set)    (grit)

1.がんばること(体の力)     4.やる気(意欲)
2.つづけること(学ぶ力)     5.げん気(気力)
3.がまんすること(心の力)    6.ほん気(意思)

 

を大切に育てています。

OECD(経済協力開発機構)は2001年、Early Childhood Education and Care

(略してECEC”乳幼児期からの教育・ケア”)を発表しましたが、私たちは今この時代にを目指しています。

Innovation of Human Education and Care

「新しい人間教育術の構築」です。

社会福祉法人 童心会理事長 中山 勲